最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

  1. にんじん
  2. アバター
  3. アバター
  4. タロウ
  5. アバター

カルチャー

チケット転売問題は柔軟な仕組みが実現しない限り解消されない

リプリパ編集部

私は、コンサートやライブ、演劇を見に行くのが趣味で、中学生時代からチケットを取ることが趣味を超えて仕事のようになり、今やライフワークの一部となっている。ネットが普及して、チケットをオンラインで買うようになってきた昨今、同時にチケット転売に関する問題が本当に増えた。今回は、このことについて、一人のファンの視点から実体験を交えて解説してみたい。

チケットの転売対策は、主催者とファン両方のコスト負担に

ライブイベントに頻繁に行く人でなければ気付かないかもしれないが、実は一口にチケットといっても、さまざまな条件で販売されている。

例えば、某アイドルのライブでは、会場で身分証の提示を求められた。しかし、来客する人数が多く、入口でチェックするのはアルバイトスタッフたちなので、完全なチェックはできていなかったようだ。また、別の某アーティストでは、転売防止のために、ファンクラブに登録した顔認証と照合する事態もあるようだった。山下達郎は、ここ最近でも転売対策に厳格なアーティストの一人である。申し込み時点で、会場に行く人の名前や連絡先を記入し、当日はその名前と身分証明書が合っているか確認する徹底ぶりである。ただ、これも会場によって厳格さが異なるので、先ほど話した某アイドルのようにバイトチェックで終わるケースもあれば、身分証明を確認する専用窓口があり、そこでしっかりチェックしないと入れないというケースもある。

どれも、主催者側がいろいろな対策を考えて実施している状態で、手間もコストが掛かる。当然、その分チケット代にも反映され、チケット代が高くなったケースもあるようだ。

しかし、そこまでやれるアーティストはごく一部にすぎない。演劇に至っては、最近NODAMAPが転売対策をかなり強めに打ち出しているが、これも全てチケット代に跳ね返ってしまう。すぐに完売してしまうチケットはいいかもしれないが、通常は転売はしないように注意喚起することが精一杯というのが本音だろう。

実はいろいろあるチケットの販売・購入方法

あるAというアーティストのライブに行きたい!と思った場合、チケットを買う方法はいくつかある。主な販売方法は以下の通りだ。

  1. アーティストや劇団などのファンクラブ(有料)の先行販売(抽選が多い)
  2. 同じくアーティストや劇団などの先行販売(無料・登録制)(抽選が多い)
  3. チケット販売サイト(ぴあ、イープラス、ローソンチケットなど)による特別・先行抽選販売(手数料が高めに設定、事前に登録制、会員ランクによる当選確率が高いなど)
  4. チケット販売サイトによる先行販売
  5. 一般販売

転売されるチケットは、人気のアーティストが出る場合や、人気の公演などが中心のため、1~3で取得したチケットが転売になるケースが多い。

最近話題の福山雅治のチケット転売対策は1の部分にあたるので、2以降に該当する人が対象になるかどうかはよくわからない。1の部分についての対応は、当然各アーティスト、さまざまな方法で工夫している。

いわゆる「推し」と呼ばれるオススメアーティストがひと組の場合は、1を利用すればいい。しかし、私のようにあれもこれも好き!という場合は、1はほんの一部で、基本は、2と3を利用する。特に3の利用が多いのだが、このチケット販売サイトの先行抽選は、チケット代と別に手数料が掛かるのだ。

例えば、Aというアーティストのチケットが8,000円だとする。先行販売は、先行販売手数料やシステム利用料、発券使用料などが入って、安くて110円、高いと1,500円近く、チケット代と別に手数料が掛かるのだ。

そのAというアーティストの公演に行けなくなった場合、やむを得ず誰かに譲ろうとする。今は、ネットで譲ることができるので譲渡先を探すことは比較的簡単だが、値段が困る。定価の8,000円で売ると、手数料分を損することになってしまうので、定価8,000円に手数料1,500円を乗せた9,500円で売りたい。しかし、主催者(販売元、公演主、アーティストなど)から見ると、これは価格をつり上げた転売になってしまう。ここが大問題なのだ。

公式のリセール機能を使っても、必ずマイナスになる手数料という仕組み

通常チケットは公演の数か月前から販売を開始するので、開催日が近くなると、予定が合わなくなってしまうことはどうしてもある。個人的な予定なら仕方ないが、仕事や自身の体調、冠婚葬祭などで予定が変わった場合、やむを得ずリセールを利用しようとする。別に儲けたいとかではなく、買ったチケットを無駄にしたくないので、行く方がいれば譲りたい!というだけなのだ。ファンならなおさらだろう。

エンターテインメント大国アメリカなどは、リセール機能を持ったチケットサイトがあり、購入者が行けなくなった場合に限らず、取ったはいいものの席を見て辞める場合も、チケットは買った本人が価格を決められるようになっている。正式な機能として、転売のように自由に値付けができるのだ。日本ではそういう機能を持ったサービスが今まではなかった。

前述のように、今はさまざまな転売対策があるため、多くの公演でリセール機能がある。特に、公式にチケットリセールができる「チケトレ」を推奨するケースも多い。

チケトレ
https://tiketore.com/

ただし、このリセールサイトを利用しても、必ずユーザーが損失を負担する仕組みになっている。というのも、チケットを買った本体価格を定価でしか販売できないからだ。上記の8,000円のチケットをリセールする場合、そこからこのリセールサイトの利用料を引かれてしまうので、実際は7,000円台の金額になる。先に話したように、チケット取得で先行手数料なども掛かっているため、実質2,000円以上損をしてしまうのだ。

つまり、転売で儲けたいわけではなく、誰か代わりに行って、と譲渡する際に、公式サービスを使うと、売り手は必ず損をするのだ。早くから頑張ってチケットを取ったのに、どうしても行けないから泣く泣く手放すのに、ユーザーは損をする仕組みになっている。この、公式サービスを使うと定価よりも価格が下がってしまう仕組みと、先行販売による手数料の負担を公式サイトではカバーしてもらえないという問題が、転売サイトや転売行為が無くならない一つの原因だ。

もちろん、販売側としては『先行販売に申し込んだのは、買い手の都合でしょ』という理屈だろうが、買い手からすると、掛かった費用を全額補填できない公式リセールを進んで使うのは非常に厳しい。

そうなると、消極的なオプションとして、やむを得ず転売サイトで売ることになる。もちろん、転売サイトでもまた利用手数料(販売価格の10%以上)が掛かる。売り手が買った金額を保証しようとすると、8,000+1,500=9,500円のチケット代に、さらに転売サイトの利用手数料も載せるので、販売価格が11,000円になるわけだ。この時点で、定価8,000円のチケットは3,000円高くなっているのだが、売り手の手元には元々のチケット金額8,000円と手数料が戻るだけで、利益なんて出るはずがない。

販売側がこのあたりの仕組みをわかっているかどうかは不明だが、少なくともチケットを買う側としては、1円も損をしないような仕組みができない限り、恐らく転売は無くならないだろう。

チケット販売に求められる柔軟なシステム

ここで思うのは、システム料や手数料といういろいろな名前で各チケット販売会社が定めている、利用料の存在だ。これが、チケット販売会社にとっては利益という命綱なのだ。これは、チケットを買う側からだけではなく、チケットを売る側(主催者側)からも徴収しているはずだ。そうしないと成り立たない、マッチングビジネスの一つなのだ。

思い返せば、数十年前にチケット販売会社ができた当時は、チケット販売手数料を買い手側が負担させられることはなかった。そのチケット販売会社の店頭に並んだり、人気公演は専用電話予約で1〜2時間電話を掛け続けて予約し、チケット取得する苦労はあっても、買い手側の手数料負担はなかった。ネットでの販売が本格化した当初もなかったと記憶している。それがここ十数年くらい、ネット販売が基本となってきた頃から、買い手側からも手数料を取るようになってきたのだ。

チケット販売サイトは多様なチケットを扱うので、基本フォーマット以外のイレギュラーな処理が多いことも、手数料として取らざるを得ない要因の一つだろう。しかし、とにかく販売方法が複雑なので、その分、システム維持が大変になっている印象を受ける。私はコンサートや舞台など、全席統一料金のイベントが多い。その一方で、スポーツイベントなどは席だけではなく、人気度や残り時間に応じて価格が変わる、ダイナミックプライシングが導入されていることもある。また、ファンクラブへの加入有無やリピート回数などによっても価格が違うケースもある。さらに、同一試合の同一席でも、複数の金額が設定されるという場合もあるらしい。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
リプリパ編集部
リプリパ編集部
編集部員
リープリーパー(略称:リプリパ)編集部です。新しいミライへと飛躍する人たちのためのメディアを作るために、活動しています。ご意見・ご感想など、お気軽にお寄せください。
リプリパ編集部の記事一覧

記事URLをコピーしました